JMCオンラインレッスン~ラントレ!『仰向け股関節まわし』

JMCオンラインレッスン

ラントレ!~仰向け股関節まわし

 

今回はJMC必須のエクササイズでもある股関節回しの仰向けversionをご紹介します。

股関節のダイナミックストレッチでもあり、体幹と股関節の筋トレでもあります。

仰向けで行う体幹&股関節のトレーニングです。

 

仰向けで脚を動かすエクササイズ共通のポイントになりますが、

お腹を凹まし、しっかり腹横筋(腹筋の一番深部のインナーマッスル、腹巻のようにウエストを覆っている筋)を働かすことです。(※サンドイッチも同じです。)

これが出来ないと、腰が反りお腹に力が入らず腰痛の原因になってしまうので注意してください。

お腹を凹ませたまま息を吐くことで腹横筋は働きますので、まずはここから。(もしくは骨盤の上の横っ腹(くびれの部分が硬くなってればOK)

足を引き上げる際は、しっかり股関節の屈筋である大腰筋を使いますので、しっかり膝を引き寄せます。

逆回しの際は、脚の重さを感じながら、お腹と股関節で抵抗するようにゆっくりと動かします。

立って行う股関節回しと違い、片脚指示のバランスをとる必要はありませんので、しっかりと体幹と股関節が連動できるように、丁寧に行いましょう!

股関節の動きが悪い、硬い方も重量を使って行えますので改善に効果的です。

 

 

下のレッグレイズやバックキックなど、股関節を動かすエクササイズとセットで行うのがオススメです!!