Japanマラソンクラブ—初心者・ビギナーのランニング教室・マラソン教室

ゼロから始める。初心者ランニング教室・マラソン教室

【コラム】クールダウンで明日も快適に走れるからだに!

こんにちは!インストラクターの深野です。

前回までは、“ウォーミングアップ”についてお話してきましたが、

今回のテーマは「クールダウン」です。

 

ところで、みなさん「クールダウン」ってしっかりやっていますか??

どきっっとした方も多いのではないでしょうか(汗)

 

走り終わったらそのままちゃちゃっと着替えて、

仕事に行ったり飲みに行ったり(?)していませんか??

 

クールダウンは、cooling(=冷やす) down(=下げる)…

体温や筋温をさげ、心拍や呼吸を徐々に元に戻していきます。

筋肉に集まった血液を心臓に戻し、筋肉中の疲労物質や老廃物を除去します。

クールダウンを適切に行うことで、

安全に運動を終了することができるだけでなく、疲労回復をはやめることができますよ!

 

★クールダウンの基本★

□ランニングを終えるときは急に止まらないで!

「は~今日もランニングが終わった!」

…と急にランニングを終えていませんか??

ランニングを終わりにするときに、急に止まるのはNG><!

ランニングという運動を行うために、ランニング中は筋肉に血液が集まります。

急に運動をストップすることで一時的に貧血のような状態になり、

めまいを起こしたり気持ち悪くなってしまうことも。

安全に終了するためにも、急に止まるのではなく、

徐々にスピードを緩めて歩きながら呼吸を整えてから止まるようにしましょう!!

 

□クールダウンのストレッチは??

ランニングは同じ動作の連続です。

同じ動作ということは、ある一定の筋肉や関節を酷使している、ということ。

局所的に疲労がたまりやすく 筋肉も放っておくと硬くなりやすい運動です。

ストレッチで緩め、ほぐし、全身をリラックスした状態にもっていきましょう。

このクールダウンのストレッチを適切に行うことが、

次の日も快適に走る秘訣です。

 

JMCでいつも行っているクールダウンのストレッチはこちら。

(最新verを只今作成中!今しばらくお待ちください!!)

 

ランニング後、そのまま屋外でできるストレッチです。

わずか10分­足らずで故障の予防、次の日の筋肉痛や全身疲労を軽減します。

やるかやらないでは大違い! ぜひ実践してくださいね^^ゞ

 

 

更新日:2017年7月13日

LINEで送る