Japanマラソンクラブ—初心者・ビギナーのランニング教室・マラソン教室

ゼロから始める。初心者ランニング教室・マラソン教室

【コラム】正しい姿勢はランニングの基本(1)

こんにちは!インストラクターの深野です。

 

今回のコラムでは、ランニングをする際の基本の『き』

“正しい姿勢”のお話です。

 

ランニングをするときの”姿勢“って気にしたことはありますか??

 

姿勢ひとつで、走りやすさはもちろんのこと、

けがや痛みを引き起こす原因になっている場合もあります。

 

JMCのレッスンでは基本中の基本であり、

最も大切にしているのが『姿勢』といっても過言ではないのです!

 

“正しい姿勢”で走ることで、

前に進みやすく、上半身と下半身を連動させて走ることができるため、

結果効率よく・楽に走ることができるようになるのです。

 

では、“正しい姿勢”とはいったいどんな姿勢でしょうか?!

自分ではきれいな姿勢のつもりでも、

猫背だったり、腰が反ってお尻がつきでたようになっていることがあります

(姿勢を意識しすぎるがあまり、かえって不自然な姿勢になっている方もいます><)

IMGP0521

(ちなみにこれはNG姿勢><!)

 

きれいな姿勢とは、

1.背骨がS字カーブを作っていること

(首は前にカーブ・胸は後カーブ・腰は前にカーブ)

2.内臓がしっかりと安定していること

3.胸部(胸郭)の柔軟性があること

 

…と文字で見てもイマイチわからない^^;という方も多いかと思います。

順番にお話ししていきますね。

 

まずはいまの姿勢のチェックをしてみましょう。

※壁のあるところで行ってみます。

 

【基本の姿勢のチェック】

  • 壁から30㎝ほど離れたところに壁に背を向けるようにして立ってみましょう
  • そこからそのままの姿勢で壁に近づきます

 

  • おしりと背中、どちらが先に壁つきましたか?

A. おしりと背中が同時につく

B. 背中が先につく

C. おしりが先につく

 

  • 頭・背中・おしりが壁についていますか?

A. 頭・背中・おしりが壁についている

B. 背中・おしりは壁についているが頭がついていない

C. 頭・背中・おしりは壁についているが、おなかが前に出ている

 

  • 壁と腰のすきまはどうですか?

A. 壁と腰の間に片手がぎりぎり入るくらいの隙間がある

B. 壁と腰の間に手が入らない

C. 壁と腰の間にすっと手が入る

 

 

3つのチェックの結果はどうでしたか?!

A→ 基本の姿勢はOKです!

姿勢1

B→ 猫背になっているかも><

姿勢2   姿勢3

C→ 反り腰やおなかが前に出たような姿勢になっているかも><

 姿勢6  姿勢5

 

 

わわっ!正しい姿勢がとれていると思ったら、

実は猫背だったり、反り腰だったりしましたか?!

また、この結果では正しい姿勢でも、

ランニングを行う上での基本の姿勢はまだとれていない、という方もいらっしゃいます。

 

次回からは、“正しい姿勢”をご自身で体得するためのポイントをお話ししていきますね^^ゞ

お楽しみに!

 

 

更新日:2017年7月27日(木)

LINEで送る