【コラム】腕ふりのための+αトレーニング 『シンテンウィング』

こんにちは!インストラクターの深野です。

 

今回のコラムでは、腕ふりのための+αトレーニングをご紹介します!

 

前回までのコラムで、

腕ふりは“肩甲骨”がカナメで、

肩甲骨を大きく動かすためには、胴体とつながる筋肉がよく動く状態にすることがポイント!

とお話ししてきました!
(前回までのコラムはこちら! 腕ふりポイントvol.1・vol.2・vol.3)

 

今回はさらにステップアップ!

この効率のよい腕ふりを長い時間キープするためには、

背中・腕の筋力&筋持久力が必要です。

そのための+αのトレーニングをご紹介します^^ゞ

 

【シンテンウィング】

1.サンドイッチのエクササイズで腹部を固定します

IMGP1672

2.手を伸ばし、手の甲を前に向けるようにします

IMGP1680

3.親指を内側に向けるようにして、そのまま腕を後ろに引きます

IMGP1675

 ※胸が張れた姿勢になるようにするのがポイント!

  肩が内側に入ったまま行わないように注意します

4.10回を目安に行ってみましょう!

 

 

★ステップアップ★

1.シンテンウィングと3までは同じです

2.腕を後ろに引いた状態で肘を曲げます(この状態がスタートです)

090611-174811

3.肘を伸ばす→曲げる、を繰り返してみましょう!(10回が目安)

090611-174704

シンテンウィングの動作は、

腕ふりはもちろんのこと、

胸の張れた正しい姿勢をキープする際にも必要な筋肉を鍛えることができます!

ぜひ+αのトレーニングとして実践してみてくださいね!

 

 

 

更新日;2017年9月28日(木)