【コラム】“股関節”が脚運びのカギ! スイッチONのストレッチ(1)ランジのストレッチ

こんにちは!インストラクターの深野です。

 

今回のコラムでは、

脚運びの“カギ”となる『股関節』を動かす筋肉を

しっかり「使える」状態にするスイッチONのストレッチを実践していきましょう!

 

【ランジのストレッチ】

股関節を引き上げる際に使う脚のつけねにある「大腰筋」と

股関節を後ろに引く際に使うおしりの筋肉「大臀筋」を

同時にストレッチできるランナー必須のストレッチです!

走る前のウォーミングアップとして、また走り終わった後のクールダウンとして

実践してみましょう!

 

1.足をそろえてたちます

2.片方の足の甲、または足首に両手をそえます

3.反対側の脚を大きく後ろに引きます

4.上からみたときに、足の甲が見えているかチェックします。

 

※※NG※※

足の甲が見えていないときは、つま先よりも膝がでている体勢になっています><

膝に体重がかかりやすい姿勢なので注意! 

 

5.顔を正面に向けます

6.余裕があれば、肘を膝の上におきます

7.6の姿勢で20~30秒キープします

 

※体勢がキツイ!という方は、5の状態のままでもOK。

 また、膝を地面につけると、より安定した姿勢でストレッチをすることができます。

 

走る前のウォーミングアップとして、また走り終わった後のクールダウンとして、

また、特に股関節周辺がカタイ!と自覚のある方は、日々の習慣として

ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

更新日;2017年10月12日(木)