【コラム】“股関節”が脚運びのカギ!股関節をダイナミックに動かす”あしぶんぶん”ストレッチ

こんにちは!インストラクターの深野です。

 

今回のコラムでは、“股関節”をダイナミックに動かすステップアップストレッチ

『あしぶんぶん』をご紹介します。

 

『あしぶんぶん』は、“ダイナミックストレッチ”の中まで、「動的ストレッチ」に当てはまります。

(前回お話しした“股関節まわし”もダイナミックストレッチですよ!)

動きの中で筋肉を伸ばし“使える”状態にし、関節の可動域(動く範囲)を広げていくストレッチです。

 

片脚立ちでバランスをとりながら股関節を使うので、

よりランニングの動作に近い状態でストレッチを行うことができるのもポイント^^!

慣れないうちは、壁や柱を支えにして行い、

バランス・姿勢が崩れないようにしてみてください!

(慣れてきたら、ご自身でバランスを取りながら行うこともトレーニングになります!!)

 

 

【あしぶんぶん】

≪前後≫ →おもに「大臀筋」(お尻の筋肉)のストレッチ

1.サンドイッチのエクササイズで腹部を固定します

2.片脚でバランスをとります

3.脚を前後にふります

 

※脚を上に引き上げるときに反動をつけるように!

※姿勢がくずれないように注意

4.動きになれてきたらだんだん動きを大きくしていきます

 

 

≪左右≫ →おもに「内転筋」(ももの内側)と「中臀筋・外転筋」(お尻の横・ももの外側)

1.サンドイッチのエクササイズで腹部を固定します

2.片脚でバランスをとります

3.脚を左右にふります

  

※脚に力が入りすぎないように、柱時計の振り子のように振ります

※姿勢がくずれないように注意

4.動きになれてきたらだんだん動きを大きくしていきます

     

 

実際にやってみるとわかると思いますが、

この『あしぶんぶん』。

ちょっとハァハァと息があがって心拍数があがり、

体が温まる感じがあると思います。

 

あしぶんぶんや前回ご紹介した股関節まわしなどの「動的ストレッチ」は、

  • 心拍数をあげる
  • 筋温をあげる
  • 呼吸数をあげる
  • 血のめぐりをよくする
  • 動きの中で筋肉を伸ばす

といった特徴があり、特にランニングの前に行うことで

走るためのからだの準備がととのい

けがの予防だけでなく、パフォーマンスアップにもつながっていきます。

 

特にステップアップしてきた中級者・上級者の方は

こういった“動的ストレッチ”をウォーミングアップストレッチの中心にしていくとよいですよ^^ゞ

 

 

更新日;2017年11月2日(木)